んぽくぬ’s blog

ナンパの結果や本・CDの書評など ご連絡はcanyouhelpmefind@gmail.comまで Twitterは@gknxwmzです!

3/21 池袋ナンパ①(たまには真面目に考察)

さぁ、昨日の渋谷のリベンジである。

リベンジであるから、今日も大学4年のT君を誘ったら、快く池袋まで来てくれた。

彼とのナンパは楽しい。

 

彼はいきなり笑いをぶっこむのだ。オープン率は高い。

 

この2日間は夕方から終電までナンパトライアスロンだった。

その結果感じた事は、ありふれた結論であるが、渋谷はやはり遊び慣れている娘が多いので、良くも悪くもナンパに慣れている娘が多いという事だ。

OKな娘はスムーズに事が進むし、NOな娘は完全にガンシカ。NOでも性格が良い娘は受け流し慣れてる。

 

対して、池袋は埼玉県民が多い事もあるが、ナンパに慣れていない。

OKな娘でもゴールへのプロセスに苦労する。NOな娘も性格が悪い娘は一言多いし、性格が良い娘はこちらに変な期待だけさせてしまう。

 

総じて、成功率自体が高いのは池袋だろう。

しかし、いつだって容姿のレベルと成功率トレードオフの関係なのだ。

 

今回はまず19歳の2人組をカラオケに連れ出し。

10代のカラオケ曲とのギャップを感じながらもバンプやABCを一緒に歌ったら話しやすくはなったと思う。

隣の女の子にツッコミを入れるどさくさで脚を触る。なんとこの寒いのに生脚だ。

聞くと、「ストッキングが嫌い」だという。いい娘だ。

「バレエをやっていたので脚は太い」と言うが、脚フェチの俺はまぁ合格点をあげられるレベル。

「細いよ~美脚!」と褒めて触りまくるが何も言わない。

最近の若い娘は生脚くらいはギャーギャー言わないのだろうか。みんな脚は平気で触らせてくれる。

 

調子にのって内腿も触るが、依然、何も言わない。

 

少しずつ股間の方へ…。

 

つづく。