読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

んぽくぬ’s blog

ナンパの結果や本・CDの書評など ご連絡はcanyouhelpmefind@gmail.comまで Twitterは@gknxwmzです!

4/3かなまら祭〜渋谷ナンパ①

今日は朝から早起きして、かなまら祭へ。
と、思ったら品川でめっちゃ可愛い娘が。
JKだというが、中退して18と。

こ、これは!!!
最高のやーーーつ!!!!!

渋谷に用事があるというので、渋谷まで電車で逆戻り。その間に口説く。

俺「最近のJKってお洒落だな〜俺の事タイプじゃなさそ〜」

JK「え、いや、えっ、そんな事ない、背高い人好き!」

俺「え、マジ?!じゃー普通の顔で背高いのと、超イケメンで背が低いのはどっちが好き?」

JK「断然背が高い方でしょ!」

おっ。

俺「結構気に入ってくれたのかな?じゃ、これからホテル行こうぜw」

JK「意味わかんないwwwっていうか、あたしほとんど処女なんだよね。痛くてあんまり出来なかったのw」

俺「それ、男がヘタなんだよ!」

JK「やっぱそう?処女捨てる人間違えたかなー?お兄さんみたいに上手そうな人とすれば良かったw」

おお…

JK「てか、ちゃんと入ったのかどうかすら怪しいw」

俺「じゃ、俺がうばおっかw」



JK「え〜…奪ってください…」




おおおおおおおおおお?!!!!

なんぞコレwwwww

確実にイケる!

そう判断した俺は渋谷駅に着いてからも少々ねばる。

かなまら祭へ行く事を断念しようかとも思ったのだが、それはさすがにH君に悪い。彼女も用事があるという。
俺「じゃ、お互い用事が終わったら会お?」

JK「うん、でもいきなりホテルはやっぱ嫌だから、お茶してからにしよ?」

俺「呑みたいなー」

JK「あんま呑めない。てか、ファーストフードとかでいいよ」

俺「いや、JKにお酒呑ませないわw俺が呑むだけ」

JK「安いとこがいいな〜お金ないし」

俺「いや、それはご馳走するよw」

JK「いや、それはいいよ〜」

いい子だ。

とりあえず、約束をとりつけ一旦放流。

かなり遅れかなまら祭へ。
H君と合流。

駅前に、JCと思わしき2人組。もちろんネタでだが、声掛け。
かなり可愛いJCがペニスと睾丸の露骨な形のアメをペロペロ。
聞けば、この為に調布から来たという。

さて、なんか今年から警官の量が異常なほど増えていて、境内に簡単に入れなくなっていた。

これでは、思うように出来ない…。
そうこうしているうちに、ケツカッチンのH君がタイムリミット。

ほとんど何も出来なかった。

と、思ったら女の子が増えてきた…が、
上記約束があったので彼女のもとへ。

うーん、コート姿が映える。脚も長く胸もふくよかだ。

充電したいのでスタバに行こうと誘い、了承を得る。

ソイラテを奢ってあげる。

JK「え、出しますよ…!!」

俺「いや、いいってw」

さすがにカフェくらいはおごるだろう。

JK「この後、どっか行きます…よね?
そこわたし出します。」


??????!!!!

どっか?ホテルだよな?
それを出すと???

なんていい女なんだ!!!!!
そこらのババアなんて、年増のくせに当然のように男に出させるのに!!!!!
見習ってほしいものだ。
この前の合コンの女なんて…ry


まぁそんなこんなで満席で立って待たされる。

うーん、かなり待たされている…

ホテルに行けば充電できるし、座らなくていいかなと思ってると…

JK「かなりまちそうですね…」

俺「どっかゆっくり出来るとこ行く?」

JK「…はい…いいですよ。」


つづく。