読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

んぽくぬ’s blog

ナンパの結果や本・CDの書評など ご連絡はcanyouhelpmefind@gmail.comまで Twitterは@gknxwmzです!

4/19 地上30階で現役アイドルとチョメチョメした!①

 

前にT君とカラオケに連れ出しした19歳の2人組のうち1人から連絡がよく来るようになっていた。
最初はガンシカだったくせに本当に最近の若い女は、訳わからん。
自慢ではないが、仲良くなると女がベッタリしてくる性質が俺にはあると思う(とか書いている自分の馬鹿さに吐きそう。)

まぁ、人間的に魅力があるって事なのだろうワハハハハ。(吐きそう。)


なんかやたらと会いたがってくるし、電話もかかってくるし、最初こそLINEの返事がほとんど既読無視だったのに、先日に至っては…

「なんで返事くれないの!」

これである。やはり、俺が人間的にコクのある部分が(吐き…以下略)

でもまぁ、LINEでのトークスキルには自信があり、自分なりのメソッドを確立しているのは本当だ。
今度、『これ一冊でOK! LINEで女性をオトす方法』という本を出す事が決定したので、それもよろしくです。

 

と、夜に仕事から帰って家でまったりしていると
「今、アイドルと呑んでるよー!」
とLINEが。

俺は、バンドをずっとやっている事もあり、たまに曲提供なんかもさせてもらっているから、まぁそれなりにアイドル界隈には詳しい。
それなりに最近右肩上がりのアイドルである。以前もLINEで、そのアイドルの娘と学校が一緒でライブを観に行ったりしているという話を聞いてはいたのだ。

「○○(そのアイドルの名前)が、来てもいいよって言ってる!」

マジか!アイドルともう一人に囲まれて呑むのも悪くない。
急いで着替えて髪を直す。

しかし、21時を過ぎていたので近所のセブンで金がおろせなかった。
仕事疲れでちょっと面倒になった俺は
「ごめん、今日やっぱムリだー。」とLINE。
「来ない感じ?わかったー。」と返信が来た。

家に帰ってそのままウトウト。


・・・

 

・・・


・・・


ヴウウウウウ!!!!!!!ヴウウウウウ!!!!!!!ヴウウウウウ!!!!!!!

電話。


女「ねぇ!今からんぽくぬさん家行っていい?」

俺「えー!全然片づけてないしムリだよお!」

女「だって、する事無くなっちゃったんだもん!今日は帰らないって決めてるし」


いいですか、皆さん。これが千葉の10代です。(彼女たちは2人共千葉出身)

その時点で既に21時過ぎているんですよ。
普通の10代なら帰んべや?アホですか。
俺と呑みたいだけやんけ。
まーったくもう・・・しょうがないにゃあニヤニヤ(吐きry)


駅で待ち合わせ。

「こんにちわぁ☆」
おお、これがアイドルか。
しかも、グループ内では1番人気らしく、チェキも良く売れているらしい。
なるほど。色も白くて細い。胸は無いが、眉目秀麗と言っても異論は出ないだろう。

俺の汚い部屋でも良いとアイドル達は言ってくれたが、ここは友人Gさんのタワマンに連れて行こう。
Gさんに連絡をとると、
「あ、別に大丈夫だよ。」と。
Gさんはイケメンで社会的地位も髙く、身長もあり、優しくてノリも良いという、なんかもう麻雀で言ったら天和みたいな人だ。


俺「××駅だけど大丈夫?」
女「全然大丈夫です!」

オオ…呑む気満々ですな。

 

改札を一緒に通り抜ける。

 

 

あ。

・・・路線間違えた。


これスッゲー遠回り。


俺「ごめん、路線間違えた。駅からちょっと歩くかも」
女「いいですよー!」


とはいうものの、片方の女の子は捻挫しているんだった。
さすがに歩かせるのは・・・

駅でタクシーを呼ぶ。

あ。


金おろしてないんだった。
んでもって、クレジットカードも会社の費用立て替えで今は使用可能額がほぼ0なのだった。


Gさんに電話して、到着したら来てもらって一旦払ってもらう事に。
もう本当に迷惑かけっぱなしや~。(また吐きそう)


と、この運転手。
目印を伝えてもなーーーーんにもわからない。
最寄駅もわからない。


あーーーー、もう。

 


ほんっとぉーに吐きそう。

 


つづく。