んぽくぬ’s blog

ナンパの結果や本・CDの書評など ご連絡はcanyouhelpmefind@gmail.comまで Twitterは@gknxwmzです!

6/18 新宿~渋谷ナンパ①

6/18は本当にしんどかった。
午前中に講習をやり、その後JK(18歳)のミニ文化祭へ行ってJKと戯れ、
その後講習生のNさんのファッションコーデを無料でやって、それから朝まで犬でナンパという、激しすぎるスケジュールだった。

特に、JKの学校までが駅から遠く、徒歩で20分くらいかかるところだった。

炎天下の下、歩いて、しかもそのミニ文化祭の出し物はずっと立ちっぱなしで観ていたのだ。

そう考えると6/18はずっと立っていた。飯の時以外座っていない。

我ながら、自分の足腰に驚愕である。30代になって久しいというのに。

 

JKのミニ文化祭は、イベントスペース以外の教室は、土曜なので人が当然いなくて、このシチュエーションにエキサイトした私は
江川達也の『東京大学物語』の中に出てくるような「教卓の中でのイチャイチャ」を再現した。
なかなか貴重な体験で、さすがに「本番」は出来なかったが、Fまでしてもらえて満足だった。

その後、Nさんのファッションコーデを無料で(!)してあげる為に新宿へ。
と、新宿駅に着いたところで1人で歩いている小柄きょぬーを発見。

私「おねーさま!キャッチと見せかけてキャッチじゃないんですけどー。ナンパを開始します。(真顔)」
女性「プッ・・・。開始されます!」
私「え、開始していいの?」

Nさんとの待ち合わせがあったので適当に声をかけたつもりが、なんか知らんが刺さったらしい。

私「今何してんの?」
女性「下着買ってきたー」
私「どんなの?」
女性「結構セクシーなやつ。」
私「そっかーおねぇさんスタイルいいもんね。」
スタイルについて褒めまくった。(省略)
女性「まじそんなことないから!」
私「何色の下着なの?」
女性「水色ー」
私「やべー観たい、着てるとこ!」
女性「いや、ダメでしょw」
私「もしスゲー似合ってたら、俺がもう一枚プレゼントするよ下着。」
女性「や、店員さんにけっこー褒められたから似合わなくはないと思うけどw」
私「じゃーとりあえず下着姿見れるとこ行こ?嫌がる事はしないから。」

女性「じゃあ、グラビアアイドル気取るわw」

まぁ、こっからは自然である。

1回スッキリした俺はNさんと合流。マルイメンズ館で服をスピーディーに吟味。
Nさんをイケメンに仕上げる。うん、ダンディだ。
我ながら、アパレルに居た経験を上手く活かせていると思う。
ナンパした女にも、「アパレル関係ですか?」と聞かれる事が多いから、そんなにまずい服は着ていないと思う。

その後Sさんと、最近名無しになったTクンと合流。
久々だったので思わず抱擁。

4人でふらつくがパッとせず、Sさんはいつの間にかはぐれていた。
集団でやり続けたいのであれば、仲間も見渡しながらやらなければダメだ。
T君とNさんはちゃんとそれが出来ている。

歌舞伎町を覗くが、人が多すぎてやれる状態ではなかった。
T君が腹がへったと言うので、はなまるうどんへ。
T君が「先に行ってきてくださっていいですよ、荷物見てます」と言ってくれたので、Nさんと並ぶ。結局、こういうちゃんと気遣いが出来る人間はナンパも上手いんだよね。

ん?
前に並んでいる女、そんな可愛くないけどエロくね??


つづく