読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

んぽくぬ’s blog

ナンパの結果や本・CDの書評など ご連絡はcanyouhelpmefind@gmail.comまで Twitterは@gknxwmzです!

7/23~7/24 ひっさびさの横浜ナンパ!!!①

久々の横浜でのストである。
Nさん曰く、反応が良く、そこそこターゲットも居るとの事だったので
21時半頃、横浜に着いて街を見てみる。
Nさんからの連絡が遅いと思っていたら、彼は連れ出したようだった。

しばし一人で街を物色するも、JRの方の駅前は反応が悪く、
結局西口の相鉄の改札付近から吉村家までつながるストリートしか、やる選択肢が無いのだった。
そしてこの時間になると土曜の夜とは言え、一人で歩いている女性は少ない。

・・・コンビでやりたい。

Nさんに連絡を入れて、どんな女性なのか写メを送ってもらう。

・・・ブスだ。100点満点中32点くらいの女である。
Nさん曰く、起たなくはないとの事だったが、私は無理である。

さっさと「損切り」するようにLINEを送る。
私とせっかく一緒にナンパ出来るのだ。その機会をなぜその女程度で逃す・・・!
私と一緒にNP出来るのはかなり恵まれているというのに。

「もう放流する」とNさんから連絡が来てからしばし放置が続いたので、ちょっと本気を出して
一人で歩いている女性を探す。

・・・まぁ、何人かは居る。しかし、なかなか私の目にかなう物件はいない。


と、道の端を一人でうつむきながら歩いている女の子が居る。
横顔だけでもかなり整っているのがわかる。
正面からちゃんと確認する。間違いなく美人だ。
と、いうか、これ一般人じゃないな。

話しかける。ポケモンGOに夢中のようだ。
反応が無い。


ダメだ。Nさんも来るしあきらめよう。

ポケモンGOにはまりすぎやん。」と言って、私は後ずさりを・・・


した瞬間!!!


彼女は笑ったのだ。
軸足を彼女の方へ向けてもう一度話しかける。
こういう、恐らく何かのアイドルだろうレベルの女性には時間をかけても良い
割りに合うからだ。


私「お姉さん、一般の人じゃないよね?」
女性「?」
私「芸能関係でしょ?アイドル?」
女性「一般、一般」


私「もう帰るの?」
女性「帰ろうかと思ってました」

これだけ綺麗なのに、自信無さそうに小さい声で喋る娘だ。
おとなしい性格のようだ。
しかし、まくしたてるように喋ったら、よく反応して笑ってくれた。

これはいける・・・!

こういうナンパされ慣れているであろう女性には、丁寧に、真摯に紳士でいくべきである。
実際、後で話を聞いたら、何回もナンパされたがついていったのは今回が初めてだと言っていた。
これは多分嘘ではない。ベッドの上でも慣れていなかったからだ。
ゆえに、誘い文句も以下のようになる。

「お茶か飲みだけでも、ご馳走させてもらえませんか?」

これは下手に出てはいない。スマートな誘い文句である。
この辺が感覚でわからないと、貴方がモテ男になる事は難しい。

静かにうなずいた。

あっさり過ぎてビックリしたが、そのまま飲み屋へ。
何を言っても笑ってくれる。楽しい。

聞けば、プログラミングを勉強している大学生だという。
あまり詳しい事は聞かなかった。

私「明日は休みなの?」
女性「はい。」
私「ならゆっくりしようよ!w」
女性「笑」

ほとんど沈黙を私がつくらなかったので、あっという間に23時半頃に。

私「終電大丈夫?」
女性「んー無かったら漫喫行きます・・・あっ、ない・・・」
私「じゃあ一緒に過ごそうよ」
女性「笑」

飲み屋が閉店なので出る。
私「泊まろっか。」
黙って彼女は頷く。

この「泊まる」には色々な意味が考えられるが、笑い話をしながら自然とホテル街へ。

で。

入ろうと思ったのだが、なんと「クレジットカード使用不可」の看板が。

現金をあまり持ち歩かない主義の私は、1万円も財布に入っていなかったのだ。
その日、私は散財してしまっていた。

困った。

しかし、新生銀行はこの時間でもおろせるのだ。
良かったー。Kindleの売上、新生銀行に入れといて。
読者諸兄も、横浜のラブホには留意されよ。

そしていざホテルへ・・・

つづく