読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

んぽくぬ’s blog

ナンパの結果や本・CDの書評など ご連絡はcanyouhelpmefind@gmail.comまで Twitterは@gknxwmzです!

11/12 池袋ナンパ②

近寄って話しかけると、自然な笑みが二人にこぼれる。

 

この二人ともアイドル級に可愛い!

しかし、片方が誕生日で二人でお祝いすべく、もうお店は予約済だという。

流石にそれは邪魔出来ない。

なので、半ば強引にトークで押し切り、二人してLINEをゲット!

 

良かった。とりあえず、Aさんにパスできた。

 

そんなこんなでNさんが連れ出しているというカフェに様子を見に行く。

Nさん達は外から見えるところに座っていたのだ。

 

あれ?さっきまでいたのにいない。

 

これは即か?

 

まぁ、いいや西部池袋東口でやろ。

 

キャッチに目をつけられたので道路の向こうへ。

ドンキの前である。

 

あれ?すげー可愛いギャルがいる。一人だから、ソロでいくか。

 

お、今時ポケモンGOやってる。

 

私「あ、お姉さん今レベルいくつですか?」

女性「んー?フフフ。」

目線を合わせない。

あ、これダメなパターンか。流された。

 

つか、でも、…すっげぇ可愛いな。

 

んぽくぬさんは女の子の見た目に厳しい事に定評がありますが、

この娘っこには、

 

スト値10を認定しよう!!!!!!!!!!!!

 

「このレベルじゃこれで終わりでも無理ないか。。。」と思ったのだが、

でも、このレベルだからこそ粘る価値がある。

私「ねぇねぇレベルいくつー?俺、27。」

女性「えっ、えーっ!たかっ!!私25。」

私「あんま変わらへんやん笑!」

女性「いやいやー」

あれ?意外と反応いいぞ。

 

かなりケバ目のギャルだ。爪もツイッターに載せているがかなり長いネイル。

(彼女はとてもカラオケのタッチパネルを押しにくそうだった。)

でも、顔は本当に可愛い。

 

こないだ某誌に取材されたのだが、私は芸能人も喰っている。

しかし、芸能人と比べても顔だけなら遜色ない。

聞くと、銀座や六本木でキャバ嬢をしているらしい。

 

私「これからどこいくの?」

女性「これから?ドンキ笑」

 

あー。さっさと店へ入ってしまうううう。

私「何買うの?」

女性「化粧品だよー」

私「じゃあ、荷物持ちしますよ笑」

女性「えー笑」

 

ドンキの化粧品コーナーは狭い。なので、人目につかない為少しなら話せると踏んだ俺は一緒に中へ。

話をしてくれているが、目線は化粧品だ。

好意を比較的持ってくれているようだが、ここで化粧品選びを邪魔してまでガッツくのは得策ではない。

 

              「迷ったら倫理的。」

 

これを常に頭に置いている事が、凡百のナンパ師と私の差である。

 

私「ごめんなさいね、買い物の邪魔して。」

女性「いいよー全然。」

 

なかなかノリが良いが、今日はAさんの講習だ。連れ出したらAさんはボッチになってしまう。

 

LINEを聞いて放流する。

 

しかし、可愛かったのでAさんのところに戻って、何度もその話をしてしまう私。

 

そしたらなんと、Aさん、

Aさん「いや、いいっすよ、行ってきて!」

 

優しすぎ。

 

私「じゃあ、彼女に一応漫喫かカラオケ行こ?って送っておきます。それでオッケーの返信来たら行って来ますね。」

言うまでもなく、カラオケも漫喫も両方密室。

これですんなりOKなら確実に行ける。

 

数分後。

 

彼女から返事。

 

曰く、

 

 

                  「いいよー(*´ω`*)♡」

 

 

 

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

 

そして、Aさんのお言葉に甘えて、そのギャルと会う事に。

 

 

つづく