んぽくぬ’s blog

ナンパの結果や本・CDの書評など ご連絡はcanyouhelpmefind@gmail.comまで Twitterは@gknxwmzです!

11/12 池袋ナンパ③

私「今どこ?」

女性「んー。じゃあドンキ戻るわ笑」

と、LINEで会話して、待ち合わせ。

 

女性「ぐるっと回って迷っちゃったー笑」

 

すると、彼女、

「どこ行くー?」

えっ、これ、密室は嫌だという意味か?言いづらいが、はっきりと言うのが吉だと咄嗟に判断。

私「んーLINEのとおり・・・漫喫かカラオケでいい?」

女性「(一瞬、躊躇が見えつつも)んーどっちでもいいよぉ」

 

池袋で有名な個室漫喫、DICEへ。

 

めっちゃ混んでる・・・

 

お前ら、そんなイチャつきたいか!!!←

 

女性「混んでるねー笑」

 

でも、この娘いいこだ。

ヒール高いのに文句言わずついてくるし、楽しい感じを演出してくれる。

美人なのに。

 

近くのビッグエコーへ。

いまだに年齢確認される。

 

部屋へ。

生ビールをがぶがぶ飲む彼女。

 

私が一曲だけ歌う。

私「緊張したー。。落ち着くために・・・おっぱいー!」

と言って、胸を揉む。

女性「おかしいでしょー!笑」

 

意外とでかい!!!!!

 

私「意外とでかいよね?」

女性「Dしかないし。前はFだったんだけどねー。」

そんなに縮む事ってあんのか?笑

 

歌い終わるごとに、揉む。

3回目のタッチは生乳だ。

女性「暖房で汗かいてるよ?」

問題そこ?笑

触ることに対して、文句を言わない。

 

 

しかし、キスは拒まれた。

女性「だーめ。会ったばかりだしね。」

私「でも、ワンチャンこういう事もアリじゃね?笑」

女性「んもーバンドマンって優しいけど軽いよねー笑」

 

んー、ダメか。

 

残り20分くらいのところで、

私「最後にちょっとだけやっぱキスー!」

女性「んーじゃあフレンチね。」

(*´ε`*)チュッチュ

 

私「んー、、じゃあ、ちょっと最後にちぇーっくっ!」

服を上からおろして、乳首がコニャニャチワ。

 

舐める。

 

急に女の顔になる。

 

俺はこの瞬間が好きだ。

 

女性「んんッ♡んはッ♡あん。」

おおお、反応いい!!

これはいけるぜ!!

 

私「じゃあ、下もワンチャンちぇーっく!笑」

女性「えーっ、チェックって何?笑」

と、言いつつ彼女、ストッキングを少し下げてくれる。

 

手を突っ込む。

 

んー、微かに濡れてる程度だ。

意外とカラダは反応してないのか??

 

 

 

でも、その微かな水分を割れ目に少しずつ伸ばす。

 

シルン。

 

シルン。

 

シュルン。

 

シュルン。

 

ジュシュルン。

 

ジュシュルン。

 

じゅじゅるん。

じゅじゅるん。

 

ぬるんぬるん!

 

ぬるんぬるん!!!

 

出来上がり(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

私「じゃあ、舐めるだけしていい?」

 

女性「えー、ここで?!洗ってないよ?」

私「大丈夫。○○ちゃんのなら美味しくいただける!」

 

私「そっちのソファーの奥なら死角だからバレないよ?」

女性「だいじょぶかな・・・」

 

移動。

 

M字させた彼女は、本当に美しすぎてエロ過ぎて、卒倒しそうになった。

 

女性の身体は芸術品だ。

 

感無量。

 

舐める。

めちゃめちゃ喘ぐ彼女。

 

彼女「ぁ。ぁ。んっ。ぁあ。」

 

よだれをいっぱい出して舐める俺。

 

女性「き、きぃもちいい…」

 

私「指入れてもいい?」

 

女性「うん…」

 

さらにヒートアップ。

 

女性「…美味しい?」

 

私「ふん。ほいひい。」

 

頭を押さえつけてくる彼女。

 

口の中やまわりはもう、ネバネバだ。

 

私「入れてもいい?」

女性「ンンー、それは今度ね。」

 

うー。

 

私「じゃあ、一瞬サイズ合わせだけしよ?」

女性「(0.3秒後に)わかった。サイズ合わせね。すぐ抜いてね?」

www決心はやっ!w

 

挿入。

 

うぉぉぉおおお。たっぷり濡らしただけあって、やっば。

 

擬音で書くなら、

 

ぐんじょるおん

 

って、感じ。

 

 

 

彼女も満足したようだ。

 

お互い、下着を履きながら話す。

 

女性「私、クンニされるの大好きなの。でも、今までで一番気持ちよかった。」

 

うおお、嬉しいぜ!!!!!!!

 

ちなみに彼女は銀座でキャバ嬢をやってるらしい。

 

私「〇〇ちゃんと銀座で飲んだらどのくらいお金かかるの?」

女性「こないだとか、4時間で38万円とか。」

おいおい、ホントかよ。

でも、本当に美人だった。

 

 

Aさんと再合流。

 

が、しかし。

 

それから街を歩いてる女の子はカボチャにしか見えなかった…

 

しかし、AさんとNさんはいくつかバンゲしたようである。

 

良かった、良かった。

 

 

それでは、また、よろしく、よろしくね〜