んぽくぬ’s blog

ナンパの結果や本・CDの書評など ご連絡はcanyouhelpmefind@gmail.comまで Twitterは@gknxwmzです!

12/10 原宿ナンパ

今回は、原宿で合計3人の方と合流。

が、どれも1人ずつの合流で、どれも短時間だったので特に書く事は無い。

お三方共に、「誰でも良いからナンパ一緒に出来れば良い」というスタンスだったので、特に私に興味を持ってくださった訳では無いようだったからだ。

 

1人になって少し原宿で。

とても捗る。

前回のブログと矛盾すると早とちりしてはいけない。

何故なら私はベテランもベテランだからだ。キャリアは14年になろうとしている。まず、マインドからして違うのだ。わはははは。

 

でも、やはり経験年数は嘘をつかない。

 

と、

かなり可愛い、顔だけ見たならばきゃりーぱみゅぱみゅに似ている娘(Twitterにほぼ修正無しで載せている)が歩いている。

 

用事があるというので一旦放流するも、間も無くLINEが来る。

曰く、「用事けっちゃった。お兄さんが酔ったところが見てみたい」との事。

 

再合流。

 

新宿に移動し、いつもの店へ。

ここは薄暗いし、半個室だし、カクテルも女の子好みで色々あるし、いつもパッと入れるから使えるぜ。

 

連れ出しやデートで使えるお店は、近々noteで情報を提供する予定である。乞うご期待。

 

「俺も酔うから、◯◯ちゃんも酔ってね?」

と言うと、渋々了承する感じだったので、

「んー、じゃあ、強いお酒と飲みやすいのを2つ選んで交互に飲もう?」と言う。

 

これが功を奏したようで、自然にお互いが酔い始め、下ネタトークへ移行。

下ネタトークへの移行のコツは、そのものズバリの言葉を絶対に言わないでなるべく上品な言葉に変換する事だ。

 

そして、その流れでこう聞く。

「◯◯ちゃん、エッチなの?」

 

今回の場合、彼女は

女性「うん、エッチ笑」

と答えた。

なので、

私「じゃあ結構エッチに寛容?」

女性「ん〜人に寄りますよ〜笑」

私「…じゃあ俺はOK?」

と聞く。

 

 

今回の答えは…

 

 

 

 

 

 

 

 

女性「あ、ウェルカムです(*^^*)」

 

 

 

 

 

 

んおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく。